New! 2018.1212

「第3期 2018.12.1」より、新しいwebサイトに移行しました。この文字列をクリックしてください。


参院選へ向け「野党統一候補」を実現しよう

兵庫選挙区で議席奪還めざすアピール

連帯兵庫みなせんは今年(2018年)3月に再々出発した際、次期参院選の兵庫選挙区で野党議席を奪還する方針を掲げました。前回2016年参院選では、定数が1増える中で野党候補が2名競合して共倒れになり、参院兵庫選挙区での野党議席を失った手痛い教訓を生かすためです。11月末には「参院選兵庫選挙区で野党統一候補を実現させよう」と題した、連帯兵庫みなせんアピールを採択し、野党6党に提案しました。

本来、与党と与党補完勢力に3分の2議席を与えないためには、定数3の選挙区で1議席を取るだけでは不十分ですが、2017年衆院選でも12選挙区すべてで野党議席を得られなかった現状とその後の与野党勢力の伸長を直視した場合に、公明党や日本維新の会の勢力が強い兵庫では野党2議席確保は現状では到底無理だと判断します。

前回選挙でも、野党候補を一本化していれば1議席は確保できた得票結果でした。

前回参院選では全国32の一人区ではすべての選挙区で初めて野党統一候補が実現し、11選挙区で野党が勝利を収めました。しかし、複数区では各党とも「それぞれが切磋琢磨する」という“政党の論理”が優先し、兵庫をはじめ数多くの選挙区で議席を逸しました。

来年7月の参院選では野党5党と1会派は、一人区では候補者を一本化する方針を確認していますが、複数区では「候補者調整はしない」としています。兵庫選挙区でもすでに、共産党が5月に候補予定者を公認発表し、立憲民主党も独自候補者を立てる方針を明言しています。

連帯兵庫みなせんは、県内6つの野党組織の代表者との「市民と野党の協議」で次期参院選での野党統一候補の実現を提案し協議を続けていますが、独自候補を擁立または検討している3党は党中央の方針を超えた対応ができない状況にあります。

連帯兵庫みなせんはこのアピールを野党各党の代表者に届けて、兵庫選挙区の特殊性に鑑み英断を下すよう要請します。また、議席奪還を心から望む兵庫選挙区の市民の声を、大きなうねりとして野党各党に届けるために、アピールへの「賛同署名」を始めます。

たくさんの市民団体や個人の声を政党本部に届け、統一候補の実現と議席の奪還をめざしましょう。

>> 連帯兵庫みなせんアピール 2018.12.1 >> ここをクリック PDF
   兵庫選挙区で議席奪還めざすアピール


 ・・・ 以下、最後尾まで 2017年10月までの内容となります。ご留意ください。・・・

政局・選挙・改憲・野党共闘の動き

総選挙、白井聡が核心を語り尽くす

衆院選、選挙後に起こる大政変

衆院選で問われる新しい対決軸

衆議院選挙、公示

民進リベラル系、新党準備

「排除の論理」小池氏の一存

民進・前原代表、無所属で出馬へ

民進、北海道全区で野党共闘方針

熊本3選挙区、民・共、擁立調整

「9条に自衛隊」自民選挙公約に明記か

気がつけば「改憲勢力」ばかり

冒頭解散 国民がみくびられている

"究極の演技派"泉田前新潟知事

前原民進党 山尾ショックで早くも暗雲

解散予測、NHKその他各紙

首相、臨時国会冒頭にも解散!

解散風、胸騒ぎの臨時国会、野党苦境

前原民進に小沢復党か(日刊ゲンダイ)

新潟補選、市民連合がアピール(赤旗)

私たちの運動

2017.10.19 東京・議員会館前の総がかり行動のレポート

2017.9.29【民進党の事実上の解党と希望の党への「合流」方針についての見解】

地域みなせんから

7区・みなせん@西宮・芦屋のブログ

4区みなせんの街宣チラシ

みなせん時評

安倍政権と“安倍改憲”に終止符を打つには、野党共闘と市民の共同、この道しかない

みなせん時評バックナンバー

***

野党共闘と市民の共同選挙で、安倍政権の暴走に終止符を打ち、憲法9条改悪を止める歴史的な衆院選の勝利をめざすアピール
2017年10月10日 連帯兵庫みなせん

***

アーカイブ 過去記事・資料

制作・編集担当者から