トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

mm012


← 第11号 | このページ | → 第13号  《発行一覧》

第12号 2008.12.31 まこと流まちづくりの地平

                     _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
                   _/_/ まこと流まちづくりの地平 _/_/
                 _/_/_/ 第012号_/_/ 2008/12/31 _/_/

_/_/_/ 呑兵衛逍遙
              政治家の給与・報酬、退職金とは何か?
              明石市長の退職金騒動に見る「誤解」と「はき違え」

         北口寛人明石市長が1期目の退職金約2400万円を受け取ることを
        めぐり態度を変転させた挙句、12月市議会では約492万円に大幅減
        額した修正案が議員提案され、2票差で可決して市長の満額受け取りを
        葬った。この騒動は、市長の稚拙な対応と政治家としての責任意識の希
        薄さを露呈したが、議案採決をめぐる過程で議員の責任回避ともとれる
        姑息な動きも見られ、議会改革に新しい課題も浮上させた。

        _/_/ 選挙前の退職金返上表明を選挙後に撤回、議会で大幅減額可決

         ことの発端は2年前にさかのぼる。北口市長にとって2回目の選挙と
        なった昨年春の市長選を控えた前年の12月市議会で、「1期目の退職
        手当は受け取るつもりはない」と市長自ら答弁し、特別職の退職金を廃
        止する方針を表明していた。高額の市長退職金は常々問題として取り上
        げられていたほか、厳しいやりくりに迫られている財政事情の中で、市
        長の勇断として評価されていた。翌年3月には市議会で退職手当の支給
        停止措置を決め、市は特別職報酬等審議会に諮問することを表明してい
        た。

         ところが、再選すると今年9月になって報酬等審議会に諮問し、11
        月に所定の退職金支給を妥当とする答申を得ると、市長は一転して1期
        目の退職金を受け取る意向を表明。「公約を翻した」という批判を受け
        ることになった。

         この12月市議会では、市長は過去の発言を「軽率だった。取り消し
        たい」と陳謝し、市長自らに約2400万円を支給する議案を提出した。
        これに対して、議会の市民派議員を中心とした会派などが「公約通り不
        支給」とする修正案を提出。また「市長与党」を自認する公明党に共産
        党や一部議員が同調して約492万円に減額する修正案が提出された。

         投票の結果、16対14票で492万円への減額案が可決された。こ
        の金額は、市長が提案した金額の約5分の1にあたり、一般職員に適用
        される退職手当の支給乗率をもとにしたもので、市長の給料月額約12
        3万円に1期の在任期間4年を掛けて算出された。

        _/_/ 首長の給与や退職金は「評価報酬」や「生活給」か?

         自治体の首長の給与・報酬や退職金は、しばしばその高給ぶりが問題
        とされる。高度成長期の財政豊かな時期には首長の座を去るときに一括
        して支給していたため、3期、4期務めた大都市の市長らは億単位の退
        職金を得ていたことから、厚遇ぶりが批判の的になった。そのため、目
        立たないよう1期終えるごとに支給する制度に変えたが、上記のように
        一般職員に比べてその高額さがしばしば問題になっている。

         90年代以降の財政危機や、庁外からの民間出身市長や市民派市長が
        相次いで登場する中で、庶民派感覚から退職金の大幅引き下げを公約に
        したり、財政危機や失政・不祥事などから返上する首長もしばしば登場
        している。尼崎市の白井文市長は、初当選してすぐに公約に掲げたとお
        り退職金を500万円にする条例改正案を提案したが、議会が抵抗し白
        井市長の在任中に限ってという変則的な条例を修正可決したこともある。

                                 + + +

         北口市長は選挙前の退職金返上発言を「軽率だった」と説明し、「困
        難な姿勢運営をしている中で退職金を半分にする提案が出てきて、(自
        分の)成果が評価されていないのかと落胆して、憤ってしまった」と釈
        明している。

         選挙で選ばれる首長の給与・報酬が、業務の評価として支給されるも
        のと誤解しているのではないかと疑いたくなる。特別職の報酬等審議会
        の委員も、同じように思いこんでいるのではないかと常々感じてきた。

         今春、大阪府では橋下知事が就任した後、職員や議員の給与・報酬の
        大幅カットを打ち出した際、年額2000万円を超す報酬を得ている議
        員が「食べていけない」と反対して、失笑を買ったことがある。20数
        年前、明石市の市長選に際して現職市長に「再出馬するのはなぜか?」
        とインタビューした際、「市長になってから建てた自宅のローンも残っ
        ているので…」と真顔で答えられて、のけぞったことがある。北口市長
        も会見や答弁の中で「経済的に苦しい」ことも理由に挙げている。生活
        費を稼ぐことや、仕事の見返りを報酬に求めるなら、さっさと別の職業
        を選んだ方が市民のためでもあろう。

         もちろん、財政的に余裕のあるときには激務に応じて報酬を出すこと
        に市民も異論はないかもしれないが、今日のような経済環境の中でその
        ようなことを平然と口にすることが、政治家としてどのような目で市民
        から見つめられるかを理解できないことに、多くの市民が失望したと言
        えないか。7年前の花火大会事件の際に、当時の市長の言動が世間の非
        難と失笑を買ったことを思い出した。こうしたことが大きく報道される
        たびに、市民として恥ずかしくなる。

        _/_/ 採決での意思表示を隠す「無記名投票」は議会の自殺行為

         今回の騒動で恥ずかしくなったのは、市長の対応だけではない。市議
        会は12月19日の本会議で採決するにあたって、4人の議員から申し
        出があったという理由から急遽、この議案の議決を「無記名投票」に変
        更した。聞けば、4人以上の議員の申し出があれば無記名投票にできる
        という会議規則があるようである。

         本会議の前日にこの申し出が出てきた際に頭をよぎったのは、200
        5年3月市議会での逆転劇だった。市民の訴えでラブホテルの建築を規
        制する条例が議員提案された際に、市長は急遽対抗して規制の緩やかな
        条例案を提案し、無記名投票に切り替える中で議員の多数派工作を行っ
        て、1票差で議員提案を葬るという逆転劇を一夜で成し遂げた。

         今回は幸いして逆転劇は起きなかったが、そもそも選挙で選ばれた議
        員が、重要な政策を議決する際に、自分の意思を堂々と表明できない、
        しないというのは、議員として”自殺行為”にも等しい。市民からすれ
        ば、自分が投票した議員がどのような投票行動をしたかが見えないよう
        な議会は、透明性を欠くどころか、議会として議会人として失格といわ
        ざるを得ない。このような会議規則は直ちに廃止するべきだろう。

        ◇ お詫び
         11号をお送りしてから2ヶ月近くもご無沙汰してしまいました。月
        2回のペースで1月にスタートしてから、結果的には月平均1回程度し
        か発行できなかったことになります。今年は何かと忙殺されたとはいえ、
        書きたいことは山のようにあるのに、自らもジレンマを感じながらの1
        年でした。来年は心機一転、定時発行をめざしたいと思います。
         よいお年をお迎えください。
         なお、今回は年賀状等の名簿を整理していて、漏れていた方々をかな
        り送付リストに加えました。送付不要な方はご連絡ください。バックナ
        ンバーは巻末記載のホームページにアップしていますので、ご覧くださ
        い。

・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−

_/_/_/ 明石まちづくり小史 <12>
         === すそ野ひろがる明石の市民活動、多様な連携が課題 ===
           自治基本条例を契機に市民自治への取り組みも芽生える

         手前味噌で恐縮だが、私が代表を務める「明石まちづくり市民塾」が
        この秋で発足5周年を迎え、10月26日に永六輔さんを招いて5周年
        フォーラムを開催した。約250人もの方々の参加を得て、市内の多様
        な分野で活躍している10名の「まちづくり人(びと)」のリレートー
        クからも、明石のまちづくり市民活動のすそ野の広がりを実感した。

         私が新聞記者として明石のまちを継続的に取材・報道したのは、20
        年以上も前のことである。1983年から6年間ほど、このまちをなめ
        るように報道してきた。当時、明石の市民活動といっても環境や福祉に
        関わるごくわずかのグループが存在しただけで、さまざまなまちづくり
        の課題や行政の問題点を報道しても反応の乏しいのに拍子抜けしたこと
        がしばしばだった。個人的には共感する声が聞こえてきても、地域の課
        題に肉薄する市民の動きは限られていた。

         当時、今日の環境保全市民運動につながる活動を始めていたのは、1
        975年に発足した「瀬戸内を守る明石市民の会」と、同会が事務局を
        担った「瀬戸内の環境を守る連絡会」がその典型例だった。瀬戸内の海
        辺環境が生命線でもある明石の地で、瀬戸内沿岸12府県の住民運動と
        科学者が連帯した息の長い運動を支える活動が今日まで続いてきたのは、
        特筆に価する。

         このほかには、明石川や谷八木川の環境保全活動に取り組む団体など
        70年代以降の公害・環境問題にかかわる団体はいくつかあった。今年
        で40年の歴史を刻む「明石映画サークル協議会」(明石映サ)は、文
        化活動の面で重要な役割を果たし、人材を輩出し、80年代以降はまち
        づくり活動との連携も強めてきた。80年代には、障害者の日常をサポ
        ートするさまざまな福祉ボランティアグループも活動のすそ野をひろげ、
        一時は市民活動=福祉ボランティア活動と行政が錯覚するような時期も
        あった。

                                 + + +

         明石の市民活動に変化の兆しが現れたのは、80年代も終わりごろに
        なってからだ。80年代後半のバブル経済の中で明石のまちにも”乱開
        発”の波が押し寄せ、各地でマンションの乱開発が進み住環境の保全を
        求める住民運動が頻発する。明石市が開発主体になった大蔵海岸の埋め
        立て造成計画などはその典型例で、埋め立て反対運動は80年代終わり
        から工事に本格着工した95年まで続いた。

         明石市の郊外への集中的な大型店出店もあって、まち全体の地盤沈下
        にようやく危機感を募らせた若手商業者らによる商店街活性化やまちづ
        くり運動との連携が始ったのもこのころだ。2年間におよぶ継続的な勉
        強会を経て、90年には12の商店街の青年部で青年商業者協議会(通
        称・町衆明石)が結成された。商業者と行政マンや多彩なまちづくり市
        民活動のメンバーが集う「明石なりわい塾」と称した勉強会が毎月のよ
        うに行われた。いま、その時代の草創期を担った商業者らが、明石の商
        店街組織を名実ともに担っている。

                                 + + +

         こうした90年代の動きの陰で、明石のまちづくりに関わる人と情報
        の交流や情報発信を担ってきたのが、通称「まち研明石」と称する「明
        石まちづくり研究所」だった。これまた手前味噌で恐縮だが、まち研明
        石は1989年11月に各界10名ほどのメンバーで発足し、最盛期は
        30数名がエントリーして、毎月2回の例会を重ねてきた。この12月
        で417回目の例会を数え、来る2009年秋には20周年を迎える。
        今では4名の市議がレギュラーメンバーとして市政情報を提供しつつ、
        市政の課題を議論する政策勉強の場としても活用されている。90年代
        後半には市民向けの「まちづくり連続講座」を毎年開催していたが、い
        まではその役割を新しく生まれた「明石まちづくり市民塾」に委ね、重
        なるメンバーは重複活動しながら政策研究と学習、提言グループとして
        ユニークな存在感を示している。

                                 + + +

         明石のまちづくり市民活動は、90年代後半以降、この10年ほどで
        さらなる展開を見せている。阪神・淡路大震災やNPO法の成立(19
        98年)を経て、市民活動のすそ野は質量ともに飛躍的な拡大を見せて
        いるが、明石でも市民活動は爆発的な広がりを見せている。

         一つは、環境、福祉、教育、子育て、歴史・文化・芸術、コミュニテ
        ィー、国際理解・協力、まちづくりなどあらゆる分野で自発的、自律的
        な活動団体が輩出していることだ。NPO法人の認証を受けている団体
        が53団体(2008年10月末)、明石市民活動協議会に加入してい
        る団体が68団体。法人認証も受けず協議会にも加入していない任意団
        体は、おそらくこの数倍以上にのぼると見られる。

         もう一つの特徴は、従来はともすれば行政の下請け機関的に見られて、
        自律的な地域自治活動へのアプローチが乏しかった自治会系の地域コミ
        ュニティー団体の中で、活発な地域自治活動を始めているところが相次
        いでいることだ。明舞団地や西明石南部の望海地区、魚住地区はじめ各
        地で単位自治会や校区連合ぐるみの新しい連携活動が目立ってきている。
        こうした地域の地縁系活動は、その視野に分野型の市民活動やNPOと
        の連携、地域NPOの立ち上げなど「地縁系」と「知縁系」の協働がテ
        ーマに入ってきていることである。

                                 + + +

         明石市は2007年7月から「自治基本条例」の策定をめざして、市
        民が主体の検討委員会の審議を続けている。すでに1年半を超え、25
        回の審議を経て答申を取りまとめる段階に入っているが、こうした審議
        過程でも委員の成長ぶりが著しい。委員会と並行して自発的に研究・提
        言活動を進めてきた「住民自治研究会あかし」というステイクホルダー
        の役割も見逃せない。

         審議の過程でも、こうした市民活動の急激な展開に対して、行政側の
        支援活動などの対応や理解が遅れていることも明らかになった。
         新しい年は、行政側の飛躍的な市民自治の下支えとともに、市民側の
        市民自治への本格的なアプローチが求められるだろう。

        ◇明石の市民自治        http://jichi-akashi.com/
        ◇まち研明石            http://jichi-akashi.com/machiken.html
        ◇明石まちづくり市民塾  http://jichi-akashi.com/shimin-juk.html
        ◇住民自治研究会あかし  http://jichi-akashi.com/jichi.html
        ◇明石市自治基本条例    http://jichi-akashi.com/kihon/

・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−

_/_/_/ まちづくり異聞(イベント案内、その他)

     _/_/ 高齢者・障害者の食事サービス事業を考える
             明石まちづくり市民塾が今年度後期の連続講座を開催

          _/ 第4回 2009年1月31日(土)13:30〜16:30
          明石市生涯学習センター3号学習室(明石駅前アスピア北館8階)
         「食事サービスにおけるボランティア活動の交流」

          食事サービスボランティアグループの活動は、どのように運営され
         ているのだろうか? 明石市内の2つのグループと28年におよぶ老
         人給食サービス事業の実績を持つ加古川市の実践報告をもとに、互い
         に交流しながら課題を探る。
         ◇ゲスト
          村田年子さん(明石市松が丘3丁目ボランティアグループ)
          米澤靖子さん(明石市太寺4丁目まごの手会)
          折井佐和子さん(加古川市社会福祉協議会栄養士
                                   ・老人給食サービス事業担当)

     _/_/ 武庫川に天然アユを復活させるシンポジウム
               主催: 武庫川づくりと流域連携を進める会
          _/ 2009年1月17日(土) 13:30〜16:30
         「ピピアめふ1」5階A・B会議室(阪急宝塚線 売布神社駅前)
          ◇ 問題提起
          高橋勇夫氏(たかはし河川生物調査事務所所長)
             ┗━『ここまでわかったアユの本』の執筆者
          矢持進氏(大阪市立大学工学研究科環境都市工学科教授)
             ┗━ 大阪湾の海域環境、大和川等のアユ生息環境を研究
          福原修一氏(梅花中学高等学校教諭)
             ┗━ 木津川・猪名川の淡水生物を研究
          ◇ パネルディスカッション(上記の3氏に加えて)
          武庫川漁業協同組合代表理事組合長 木嶋秀起氏
          武庫川づくりと流域連携を進める会 伊藤益義、法西浩氏
          ◇ 参加費: 500円(資料代)
          ◇ 先着70名まで。問い合わせ、申し込みは
             tel&fax 06-6428-8626(事務局、吉田さん)
             e-mail: yoshidahr@nifty.com

     _/_/ 阪神・淡路大震災「こうべあいウォーク2009」
          震災から14年、10年目の復活開催
          主催: こうべあいウォーク2009実行委員会
                しみん基金・KOBE、まち・コミュニケーション、
                神戸復興塾、神戸まちづくり研究所
          _/ 2009年1月11日(日)
             スタート 大国公園(JR鷹取駅 南東 徒歩5分)
                       受付 9時30分〜10時30分 随時出発
             ゴ ー ル 御蔵北公園 北(高速長田駅 南 徒歩3分)
                       受付11時〜12時
          ◇主催者からのメッセージ
             震災から14年の神戸を、あなたの足で歩いてみませんか?
             あなたの心のこもった「あい」を少し こうべのボランティア活
            動にわけてください。
             1999年に第1回こうべあいウォークを開催し、第3回まで大勢の
            方にご参加いただきました。その後は1月17日直近の日曜日に、
            集まった有志で毎年欠かさず続けてきました。2009年は、第1回か
            ら数えて10年目を迎えます。ここで再度、市民活動を精神的にも
            資金的にも支援するという設立の理念を次の世代に受け渡す重要な
            イベントとして、こうべあいウォーク2009を開催します。スタート
            地点での募金(千円)は、NPO法人しみん基金・KOBEを通じ
            て市民活動へ助成されます。

     _/_/ 1・17メモリアルコンサート
          竹下景子さん 詩の朗読と音楽の夕べ
          主催: ぼたんの会実行委員会
       _/ 2009年1月17日(土) 開場18:00〜 開演18:30〜
            神戸新聞松方ホール(TEL:078-362-7111)
                  神戸市中央区東川崎町1-5-7 神戸情文ビル4階
          ・竹下景子さん詩の朗読with林昌彦さんピアノ演奏
          ・ピアノ演奏:智内威雄さん
          ◇大震災から14回目の「1・17」が巡ってきます。
            あの震災から学んだ人と人との絆、共に悲しむ心、いのちと平和の
            大切さを、メッセージとして「詩」に託し、竹下さんにていねいに
            朗読していただき、毎年静かな感動を呼んでいます。
          ◇チケット:前売¥2500、当日¥3000 全席自由席
            http://www.stylebuilt.co.jp/kikin/button-club/index.html

・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−

_/_/_/ 発行: 市民まちづくり研究所 / 松本誠 MATSUMOTO,Makoto
        http://matsumoto2008.com
        e-mail:makoto@matsumoto2008.com
        e-mail:matsumoto-mk@nifty.com
        ※ご意見・ご感想をお寄せください。
        ※バックナンバーはホームページにアップしています。
        ※転送・引用・その他の活用を歓迎します。
         活用に際しては発行者の著作であることがわかるようにしてください
                                      _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

← 第11号 | ▲上へ | → 第13号  《発行一覧》

最終更新時間:2010年01月01日 08時09分01秒