トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

mm011


← 第10号 | このページ | → 第12号  《発行一覧》

第11号 2008.10.06 まこと流まちづくりの地平

                    _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
                   _/_/ まこと流まちづくりの地平 _/_/
                 _/_/_/ 第011号_/_/ 2008/10/06 _/_/

_/_/_/ 呑兵衛逍遙
                小規模自治体の心意気と「地方政府」への道
                長野県下伊那地方の町村長4人との対話から

         地方分権改革はもちろんのこと、行財政破綻や年金改革、危機的な経
        済状況、雇用や食の安全、産業構造のきしみなど、この国の危機的な状
        況を打開する役割を担うべき政治の漂流が、一段と加速している。2年
        連続の政権投げ出しから始まった自民党の総裁選びの茶番劇に続く「衆
        院解散・総選挙」をめぐる混沌とした状況は、もはや民意を体現し得な
        い中央政治の荒廃を象徴しているとしか言えない。

         この最中、私は静岡県の大学で3日間「地方自治論」の集中講義を終
        えたあと、長野県南部の伊那谷地域で「市民と政治」の学習組織を立ち
        上げた「竜援塾」の主宰者、中川賢俊氏の案内で、地元の町村長や塾の
        市民らと語り明かす3日間を過ごした。

         ひと言で感想を言えば、農山村の自治体は中央政治の漂流とは無縁の
        存在のように、地方自治体の置かれている厳しい状況に真正面から向か
        い合い、首長の役割を自問し、職員のあり方に思いをめぐらし、住民と
        ともに歩む町村の行く末を考えながら地道な取り組みを重ねている。小
        さな自治体であるがゆえに、行政と住民の全体像をすみずみまで掌握で
        きる地方自治の「良さ」が息づいているように感じた。自治体規模のケ
        タが異なる大・中都市部の首長にはない、頼もしさを感じた。

        _/_/ 役場は最後のセーフティネット

         訪れた4つの町村の中で最も小さな過疎のまちは、今年人口が2000人
        を切った泰阜(やすおか)村。田中康夫・前長野県知事が住民票を一時
        この村に移した問題で有名になったが、本来は20年前から手厚い在宅
        福祉を実践している先進自治体として有名な山村である。40%近くが
        65歳以上の高齢者だ。

         松島貞治村長(58)は高校を卒業後、村役場の職員になり、村で唯一の
        診療所事務長のときに在宅医療・福祉にかかわった。村のお年寄りと話
        していると「村長、俺らはいまさらどこへ行くこともできん。死ぬまで
        この村にいるので頼む」という。村長は「上手に送ってやるで、安心し
        な」と応えることにしている。長い間働き続けてきた高齢者は、安心し
        て村で暮らしたい。その願いに応えることが、村の行政の仕事だ。「奥
        深い山の中に700数十世帯が19の集落に分かれて暮らす山村では、
        「役場は最後のセーフティネット」だと言い切る。

         だから、平成の大合併でも隣接町村との合併を選ばず、自立のむらづ
        くりを選んだ。経済的効率化をめざす合併をすると、そのうちに役場
        (支所)も学校もなくなる。村には高齢者を支える人的資源がなくなっ
        てしまう。役場の職員に「お金がなくても汗と知恵でできること」の提
        案を求めたら、50件ぐらいの提案が出てきた。その中に「おれは何の
        能力もないけれど、酒だけは呑める。夜が寂しいという高齢者の家へ行っ
        て晩酌の相手ぐらいはできる」というのだった。豆腐1丁と一升ビンを
        ぶら下げて晩酌の相手を務めに行く。こんな話がマスコミで紹介された
        ら、「こんな心温まることができる村はすばらしい」と送金や励ましの
        便りが相次いだ。

         昨年、泰阜村はスウェーデンの高齢者協同組合にヒントを得て、「高
        齢者協同企業組合泰阜」を設立した。「もう国をあてにせず、自分たち
        の幸せは自分たちの手でつくりあげよう」というのだ。都会に住む、ふ
        るさとを持たない人たちと村民の共同作業で、新しいふるさと創りをめ
        ざす。村に協同住宅を建て、高齢者の介護、子育て支援、世代間交流、
        障害者雇用、地域住民の緊急避難所づくりなど、山村の持つ魅力を生か
        した地域再生事業に取り組むという。

        _/_/ 小さくても輝く村づくり、住民も予算づくりに参画

         阿智村は人口約6500人。岡庭一雄村長(66)も高校を卒業後役場の職員
        になったが、環境水道課長だった1998年、現職を破って村長になった。
        当初から「住民主体の行政運営」を掲げ、「住民が考え、行動する住民
        主体の村づくり」をめざして、7つの地区の自治協議会の再生や職員の
        意識改革に取り組む。140世帯から430世帯までの7つの地区自治
        会がそれぞれ地区計画をつくっており、役場と対等な地域づくりのパー
        トナーとしてそれぞれ特色ある事業を展開している。

         阿智村では予算編成がはじまる9月ごろから、行政内部だけでなく自
        治会もそれぞれ村への予算要望を検討し、予算書を作成して役場との協
        議を繰り返す。役場の協働活動推進室が窓口となって要求を整理し、担
        当課との折衝を促す。住民の予算検討作業は自治会だけでなく、各種団
        体や場合によっては個々の住民も参加する。3月初めに予算案が決まる
        までに、議会も常任委員会や政策検討会などで予算編成途中での協議に
        参加する。

         住民のこうした参画と協働が機能するためには、住民の日常学習が決
        め手になる。村では公民館などの生涯学習の場を「村づくり研修」の場
        と位置づけて、住民の教育・研修に力を入れる。全戸にいち早く光ファ
        イバーケーブルを敷いたのも、そうした生涯学習の取り組みを強化する
        ためだった。村民5人以上が集まった学習グループには助成金を出して
        応援する。

         人口が千人に満たない隣接する2つの村を相次いで編入合併はしたが、
        岡庭村長は「小さくても輝く村づくり」を進めるという。「住民の意識
        が変わり、職員の力がついてきたら、そろそろ俺は引退かな? 村長は
        もともとコンダクターみたいなものだからな」と笑う。

        _/_/ リーダーシップと住民の信頼感、首長は一種の思想家

         大阪の広告代理店マンから6年前にIターンして、合併ありきの村政
        に反対して村長選に出て当選した中川村の曽我逸郎村長は、豊かな村の
        潜在的な地域資源を生かした「日本で最も美しい村」づくりに挑む。こ
        こ10年ほど人口が増え続ける市田柿発祥の里・高森町の熊谷元尋町長
        は町民参加条例を制定し、地域自治組織を広げながら住民自治の確立を
        めざしている。

         それぞれ個性のある4人の町村長と話していると、自治体の首長はま
        ちづくりや教育への哲学を持つ一種の思想家でなければならないと感じ
        た。職員へのリーダーシップと住民からの限りない信頼感を得て、中央
        政府から自治をたたかい取る強い意思と能力が必要だと思った。

        ◇訂正
        前号の「まこと流まちづくりの地平 10号」の「呑兵衛逍遙」で、「都
        賀川は川底が流域の住宅地よりも高い天井川であるにもかかわらず…」
        と書きましたが、都賀川は天井川ではありませんでした。お詫びして訂
        正します。

・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−

_/_/_/ 明石まちづくり小史 <11>
            === 朝霧駅開設から40年、明石の新駅開設物語 ===
            新しい駅づくりには住民の“悲願”と必然性があった

         今年は明石市内に新しい駅が誕生した最後の駅「JR朝霧駅」が19
        68年(昭和43年)6月20日に登場してから、ちょうど40年にな
        る。

         開設当時は「国鉄朝霧駅」だった。前年9月に明石・神戸にまたがる
        明舞団地(明石・舞子団地)がまち開きしてから約10ヶ月、最初に入
        居した人たちから「陸の孤島」といわれた団地の駅ができて一挙に利便
        性が向上し、団地の建設・入居に拍車がかかった。その輝ける駅を舞台
        にして、まさか33年後に大蔵海岸の花火大会の大惨事が起きるとは夢
        にも思わなかったであろう。

         朝霧駅が登場したころは、明石の鉄道史に大きな変化が相次いだ時期
        だった。

         その10年前の1958年4月には西明石〜姫路間の電化が完成し、
        1961年10月には魚住駅が開業した。電化計画を機会に新駅開設計
        画が立てられてから6年ぶりの実現だった。当時の魚住町は南部の海岸
        沿いに走る山陽電鉄沿線にまち並みが連なり、中・北部は全くの農業地
        帯だった。新駅開業とともに、当時の魚住農協を中心にした農地の区画
        整理事業が進み、住宅開発がはじまった。いまのJR魚住駅を中心にし
        た中・北部の開発はこのときからはじまったといえる。

         1964年12月には懸案だった国鉄明石駅の高架化が完成し、翌年
        3月には現在の複々線が開通した。高架下にはステーションデパートが
        開業、相前後してオープンしたダイエー明石店を含めて、明石駅前の商
        業にも大きな変化が訪れた。

         朝霧駅の開業は、そうした一連の鉄道整備事業の流れの中で、大きな
        役割を背負って、必然的に生まれたものだった。この年12月には、次
        のステップをめざして山電高架促進同盟が結成され、それから23年を
        要した山電高架1期事業に向けての歩みがはじまった。

                                   ◇

         ここでついでながら、明石市内のJR線の駅を整理しておくと、この
        小史第1回でふれたように、1888年の兵庫〜姫路間が開通した際の
        現在の明石市内の駅は、明石、大久保、土山の3駅だった。魚住、朝霧
        の両駅は上記で述べたが、もう一つ西明石駅を忘れるわけにはいかない。

                                   ◇

         西明石駅が開設されたのは意外に遅く、戦後の1946年(昭和21
        年)4月だった。戦時中に川崎航空機工場(現在の川重明石工場)への
        勤労動員用に臨時の仮駅が設置されたのがはじまりだった。7回におよ
        ぶ戦時空襲で同工場は徹底的に攻撃を受けたが、戦後は食糧増産のため
        に一時は工場内で農作物を植えて食糧危機に対応した。その後工場の再
        開、西明石電車区の設置で西明石駅南は国鉄社宅や住宅が密集した。

         新幹線西明石駅の設置が決まったのは1966年、複々線開通の翌年
        だ。山陽新幹線第1期工事の新大阪〜岡山間が計画される中で、明石市
        北部を通過するコースで神戸−姫路間に駅が必要なことや、山陽本線の
        複々線終点区間であり在来線との立体交差ができるなどの条件から決ま
        った。地元からの新駅誘致の動きは全くなく、新駅の決定は市の関係者
        にとっても“タナボタ”的な受けとめ方だった。大慌てで、新駅周辺の
        区画整理事業などの都市整備にかかった。

                                   ◇

         こうした新駅建設の経緯を振り返ってみると、一昨年から“市長のト
        ップダウン”とかで突然浮上した明石−西明石間の和坂付近に新駅をつ
        くる計画は、いかにも唐突といえる。最近は、JR側が乗客獲得をめざ
        して新駅づくりに躍起になってはいるが、新駅は鉄道側がすべて負担し
        てつくるのではなく、関連事業も含めると地元も巨額の事業費負担に迫
        られる。地元のまちづくりにとって必然性のない新駅構想は市民にも説
        得力を持ちにくく、その実現の可否や投資効果には、もっと情報共有と
        市民的な議論が必要であろう。

・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−

_/_/_/ まちづくり異聞(イベント案内、その他)

        _/_/ 高齢者・障害者の食事サービス事業を考える
             明石まちづくり市民塾が今年度後期の連続講座を開催

          _/ 第1回 10月18日(土)13:30〜16:30
             明石市男女共同参画センター(明石駅前アスピア北館7階)
             「高齢者・障害者の食生活の現状と課題」
              講師:浅野恭代さん(畿央大学健康科学部教授)
              独り暮らしや虚弱高齢者の食生活はいまどうなっているのか? 
              高齢者のニーズとおかれている現状を正確にとらえ、地域で高齢
              者の食生活を支援する仕組みを考える。 <資料代300円>
              http://jichi-akashi.com/shimin-juk.html

        _/_/ 明石まちづくり市民塾5周年事業
            「永六輔と語る明石のまちづくり」

          _/ 10月26日(日)13:00〜17:00
              明石市立中崎公会堂(明石市相生町1丁目9-16)
               明石で「市民が主体になったまちづくり」が芽生えはじめて、
              20年間ほどになる。この流れをひもとき、さまざまな分野で取
              り組んできた人たちがリレートークで語り合う。全国津々浦々を
              歩いて、全国のまちづくりを熟知している永六輔さんのまちづく
              り観と、明石のまちづくりを結びつけたクロストーキングに、こ
              れからの明石のまちづくりの展望を見いだしたい。
               会場の中崎公会堂は、夏目漱石が柿落とし(こけらおとし)の講
              演をしてから間もなく100年を迎える。その大広間から、明石
              のまちづくりを発信しよう。
                ・出  演: 永六輔&明石の「まちづくり人(びと)」たち
                ・参加費: 1000円 (要・予約申し込み、参加券購入)
                 http://jichi-akashi.com/shimin-juk.html

        _/_/ 津々浦々学びの座
             市民が担う多彩な<協働>は発展しているのか?
             ―被災地KOBE、13年余の経験を踏まえながら

        日時: 2008年11月1日(土)13:00〜17:00
        場所: 東亜ホール(神戸・トアロード 中華会館内)
        主催: 日本学術振興会/人文・社会科学振興プロジェクト(神戸大学)
              市民連携大学ひょうご(準備会)
                                   *
        阪神・淡路大震災で多くのボランティアの救援・支援活動が展開され、
        その後の被災地の市民活動も発展してきました。しかし、震災後10年
        を経るあたりから市民活動団体の相互の交流が停滞し、市民をめぐる<
        協働>の活動の方向性も見えにくくなりました。そこで、あらためて阪
        神・淡路大震災後の救援・復興支援活動の到達点を確認しながら、いま
        や多くの自治体の標語にもなってきた「参画と協働」が市民活動にとっ
        てどのような意義と問題を提起しているのかを、一緒に考えていきます。
                                   *
        司会 松本誠(市民まちづくり研究所)
        第1部  参画と協働の枠組みはこの10年間でどのように変わってきた
                のか? そして、今後どうあるべきか?
        パネラー
                野崎隆一(神戸まちづくり研究所)
                垂水英司(元・神戸市住宅局長)
                村井雅清(被災地NGO恊働センター)
                磯辺康子(神戸新聞社編集委員)
        第2部  参画と協働の担い手の主体的状況とこれからの課題
          特別報告 名古屋市における市民活動の連携的展開
                    大西光夫(NPO法人ボランタリーネイバーズ)
          パネラー
                藤室玲治(神戸大学震災救援隊、神戸大学学術研究員)
                北村頼生(NPO法人ブレーンヒュマニティ)
                村上桂太郎(たかとりコミュニティセンター)
          全体討論
          まとめ  岩崎信彦(神戸大学名誉教授)

・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−

_/_/_/ 発行: 市民まちづくり研究所 / 松本誠 MATSUMOTO,Makoto
        http://matsumoto2008.com
        e-mail:makoto@matsumoto2008.com
        e-mail:matsumoto-mk@nifty.com
        ※ご意見・ご感想をお寄せください。
        ※バックナンバーはホームページにアップしています。
        ※転送・引用・その他の活用を歓迎します。
         活用に際しては発行者の著作であることがわかるようにしてください
                                      _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

← 第10号 | ▲上へ | → 第12号  《発行一覧》

最終更新時間:2009年11月21日 16時30分39秒