トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

mm008


← 第7号 | このページ | → 第9号  《発行一覧》

第8号 2008.6.12 まこと流まちづくりの地平

                     _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
                   _/_/ まこと流まちづくりの地平 _/_/
                 _/_/_/ 第008号_/_/ 2008/06/12 _/_/

_/_/_/ 呑兵衛逍遙
            住民自治の担い手、「地域自治組織」をどうつくるか
              “市民分権”の視点が欲しい自治基本条例づくり

         明石市が昨年から「自治体の憲法」ともいわれる自治基本条例づくり
        に取り組んでいるが、昨年7月にスタートした自治基本条例検討委員会
        (山下淳会長、14名)はこの6月末にも「中間的なまとめ」を取りまと
        めようと審議を重ねている。

         この検討委員会の発足にあわせて結成し、市民の立場から基本条例づ
        くりの進め方や「参画」や「協働」のあり方などについて議論し、委員
        会などへの提言活動をしてきた「住民自治研究会あかし」が、6月9日
        開かれた第17回検討委員会に「地域自治組織の具体化へ向けての意見
        書」を提出した。私も研究会メンバーとして事務局を担当しているが、
        来年3月制定を目標に佳境に入ってきた条例づくりの終盤を控えて、検
        討委員会の委員諸氏はじめ市のほうに考えていただきたい視点を記して
        おきたい。

        _/_/ 地域への権限と財源の「市民分権」めざす自治体改革の視点

         研究会の今回の意見書は、地方分権時代が進む中で住民自治をより一
        層高めていくための仕組みづくりでもある自治基本条例の策定には、基
        礎自治体である明石市の行財政と事業を「市民分権」していく視点の重
        要性を喚起している。

         そのためには、地域において自律的な地域自治組織をつくり、地域に
        おける課題を自律的に解決していく能力と仕組みを持つとともに、市の
        長期総合計画など中・長期的なまちづくり計画に関わっていく仕組みを
        明確にすることが重要としている。すなわち、これまで市役所が行って
        きた事務事業の一部を地域住民組織の自主性に委ねるという、権限や財
        源の一部を地域自治組織に委譲する大きな自治体改革が求められている。

         こうしたことは、すでに三重県はじめ全国のいくつかの自治体で本格
        的に試行されており、市民分権は地方分権・住民自治を進めるための大
        きなカギとして位置づけられている。

         意見書が提示する「地域自治組織の具体化へ向けての課題」は、市民
        分権の受け皿としての地域自治組織の具体的なイメージを共有しないか
        ぎり、地方分権や住民自治、参画や協働、協働のまちづくり−などのキー
        ワードを並べても地方分権・住民自治の実体化は絵に描いた餅になるこ
        とを指摘している。自治基本条例を制定する目的自体があいまいになり
        かねないことを懸念するものである。

        _/_/ 「協働のまちづくり」推進方針の具体化の遅れ

         明石市は2年前に「協働のまちづくり」に関する基本的な考え方を取
        りまとめて、小学校区を単位とした「協働のまちづくり推進組織」をつ
        くり、地域の合意形成を進めていくことを方針としているが、その後の
        具体的な展開については明らかにされていない。協働のまちづくり推進
        組織が、自治体としての明石市の中でどのように位置づけられ、どのよ
        うな仕組みのもとに住民自治を進めていこうとしているのかについての
        検討もないままに、いきなり自治基本条例の策定に突っ込んだ“歪み”
        が、ここに来て基本条例づくりのネックになってきたといえよう。

         検討委員会の審議の中でも、市民参画条例などの住民自治にかかわる
        個別条例等の検討や整備が先行して、それらを市政全体の中で包括的に
        位置づける基本条例づくりが望ましいが、後先逆になってしまったので、
        まず包括的な基本条例をつくり、そのうえで個別条例や制度づくりの課
        題を提示していく道筋をとることになった。

         そうした道筋は確かにあり得るが、そのためには住民自治の基本が十
        分議論され、理解されたうえで初めて成り立つ。残念ながら、これまで
        の議論では、地方分権・住民自治の視点に関する議論が極めて不十分で、
        検討委員会や市の内部でも認識が共有されているとは言いがたい。「条
        例で理想的なことをうたっても、地域の現場ではほど遠いのでは意味が
        ない」というような議論さえ聞かれる。

        _/_/ 「中間とりまとめ」をたたき台に、市民的議論の展開を

         自治基本条例を「自治体の憲法」と位置づけるなら、これからはじま
        る分権型社会と自治体のあり方についての深い洞察が必要である。いま、
        全国で自治基本条例づくりが焦点になっているのは、自治体が名実とも
        に住民自治に根ざした「地方政府」として自立していかねばならないこ
        とを、ひしひしと感じているからである。ある意味ではこれまでの自治
        体運営から飛躍した発想と展望を持って、新しい自治体運営の仕組みを
        つくっていく気概がなければ、自治基本条例をつくる意味はない。

         これまでの議論の過程では、現行の自治体運営の仕組みを追認してい
        くための条例づくりかと錯覚しそうなこともあった。いまどき、自治基
        本条例を単なる“勲章”代わりに考えている向きあるとしたら、世間の
        物笑いになりかねない。

         検討委員会の「中間とりまとめ」が、文字通り「今後の議論のたたき
        台」としてまとめられ、そのように市民的議論を巻き起こし、検討委員
        会と市役所内部での本格的な議論が展開されるスタートとなることを期
        待したい。

                ※「地域自治組織」の具体化へ向けての意見書
                http://jichi-akashi.com/jichi.html

・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−

_/_/_/ 明石まちづくり小史 <8>
               ===「時のふるさと・明石」の子午線物語 ===
                    今年は「日本標準時」施行120年

         英国のグリニッジ天文台を通る子午線を「世界標準時」と定めること
        が国際会議で決まったのは、1884年。2年後、日本政府は東経13
        5度の子午線上での時刻をもって日本標準時とする勅令を発布し、18
        88年(明治21年)1月1日午前零時から、「明石の時」が日本の標
        準時として時を刻みはじめた。それから今年はちょうど120年になる。

         とはいえ、明石だけが「子午線のまち」ではない。東経135度上に
        は日本海沿岸から淡路島まで南北にたくさんのまちが並んでいる。子午
        線標柱は最北端の京都府丹後市網野町から、最南端の和歌山市・友ケ島
        (紀淡海峡)まで3府県に44ヵ所あるという。兵庫県内が39ヵ所と
        断然多く、すぐ近くの西脇市は東経135度と北緯35度が交わる「日
        本のへそ」をうたい、日本へそ公園に2つのモニュメントやミュージア
        ムを配置している。中でも、明石市内には9ヵ所も子午線通過標識があ
        り、明石が「子午線のまち」を標榜し、全国にその名を発信しているの
        にはほかにも幾つかの理由がある。

                                   ◇

         6月10日の「時の記念日」には、明石市は「日本標準時のまち」
        「時のまち」をアピールするさまざまなイベントを行っているが、なん
        といっても「時のまち」のシンボルは、東経135度の子午線上に立つ
        市立天文科学館の時計塔である。

         同天文科学館は1960年6月10日、明石海峡を望む高台の景勝地、
        人丸山に開館した。戦後、国立天文科学館を誘致する構想があり、兵庫
        県や明石市も陳情していたが実現しなかったため、1957年の国際地
        球観測年を記念する観光施設として計画された。建設費1億5000万
        円のほぼ全額は、国からの長期融資によって調達された。館の中心施設
        には東ドイツのカール・ツアイス・イエナ社製のプラネタリウムが輸入
        され、教育施設として解説を加えながら星空を投影し学校教育への活用
        を試みた。このプラネタリウムは日本国内では現役最古の投影機といわ
        れている。

         天体観測や天文学、時や暦にかかわる展示など多くの入場者を得たが、
        独立採算の公営企業体としては赤字が続き、1978年度には不良債務
        が5億8000万円余りに達した。財政難の時期には廃止も検討された
        が、教育施設としての位置づけを強めて存続を図り、82年には公営企
        業法の一部適用を廃止し教育委員会所管の施設に変わった。その後、阪
        神・淡路大震災以降の財政窮迫から再び独立採算制が強化され、現在は
        産業振興部の所管に移っている。同大震災では大きな被害を受けたが、
        3年間かけて修復工事が行われ、98年3月から再開した。

                                   ◇

         最初の子午線標識が建てられたのは、1910年にさかのぼる。教育
        的価値を認めた明石郡小学校長会のメンバーが郡内小学校教員から月給
        の1.5%の寄付を得て参謀本部陸地測量部の地図上に記されている1
        35度線上の、現在の明石市天文町2丁目と神戸市西区平野町黒田の2
        カ所に御影石の石柱標識を建て「大日本中央標準時子午線通過地識標」
        と刻んだ。平野町は当時まだ神戸市に併合されてはなく、旧明石郡とし
        て明石市と一体だった。

         それから18年後。当時の明石の教育界の大御所的存在だった明石市
        教育会長の山内佐太郎・旧制明石中学校長が「学術研究上、また時間の
        観念啓発上、日本標準時子午線は実に尊い」として、京都大学地球物理
        学教室の野満隆治博士に正確な135度の天体測量を依頼した。

         観測の結果、日本標準時子午線は人丸山上の月照寺境内を通過するこ
        とが判明し、先の石柱標識は移設された。このとき新たに「トンボの子
        午線標識」も建てられた。1930年1月26日に除幕された高さ7メー
        トルの鉄製の標識も、建設費用の約4割を市内の学校教員や児童生徒ら
        が寄付している。後の再測量で11メートル東に移転し、天文科学館と
        同じ子午線上に現在は立っている。

                                   ◇

         まちのシンボルは、市民の手で育ててきたという歴史が浮かんでくる。

         明石公園の正面を入ったところに、武者装束のロボット侍が毎正時に
        打ち鳴らす「とき打ち太鼓櫓」がある。ふるさと創生資金の一部と企業
        や市民のカンパで建設費2500万円をまかなった。これも「時のまち
        明石」のシンボルである。

         1989年11月オープンしたが、ことの発端は前号のメルマガで紹
        介した境内の緑が剥がされてしまった明石神社に保存されていた明石城
        の「刻打ち太鼓」である。胴に貼った皮が破れ、朽ち果てそうな刻打ち
        太鼓をなんとか現代的に再現できないものかと新聞報道したところ、ま
        ちおこしに関心を持っていた市内の若手経営者らが立ち上がって実現し
        たものだ。明石にある川重のロボット工場が協力し、開発した。市民の
        知恵とまちの歴史を大事にした発案が、まちの誇りを育てる。

        ※「明石市史 現代編」、「明石を科学する」(神戸新聞明石総局編)参照

・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−

_/_/_/ まちづくり異聞(イベント案内、その他)

        _/_/ 住民自治の仕組みを考える連続講座
                 明石まちづくり市民塾が開催中
          _/ 第2回 6月22日(日)13:30〜16:30
             明石市生涯学習センター7階 学習室1
            「明石における自治基本条例づくりの課題」
             講師:山下 淳さん
        (関西学院大学法学部教授、明石市自治基本条例検討委員会会長)
         明石市が進めている自治基本条例検討委員会では、どのような審議が
        行われ、どのような課題があるのか。明石市の条例づくりがめざすもの
        と、その課題を学ぶ。
                http://jichi-akashi.com/shimin-juk.html

        _/_/ 地域まちづくり活動交流会
             7月6日(日)午後1時30分〜4時30分
             明石市民ホール(明石駅前の「らぽす」5階)
             明石まちづくり市民塾/主催
         住民主体で住み良いまちづくりをめざす明石市内の校区ぐるみの地域
        まちづくり活動を発表してもらい、先駆的な「地域まちづくり活動」の
        情報を共有するとともに、住民主体のまちづくりを担う地域自治組織の
        あり方などの課題をさぐる。
        ◆活動報告
        ◇松が丘小学校区:松が丘校区連合自治会
        ◇魚住小学校区:住みよい住みたい魚住まちづくり協議会
        ◇望海中学校区(貴崎、藤江、花園小学校区)
                          :望海地区在宅サービスゾーン協議会
        ◇意見交換と活動への助言
        助言者:神戸学院大学総合リハビリテーション学部准教授
                藤井博志さん(地域福祉、コミュニティワーク専攻)

        _/_/ 執筆本の紹介 「川辺の民主主義」
         河川とダム行政から民主主義のあり方を問う本が出版されました。
         昨年8月に徳島で開かれた「川を流域住民が取りもどすための全国シ
        ンポジウム」を契機に、全国で川づくりやダム問題に取り組んでいる人
        たちが連携して書いた本です。
         私、松本誠も、兵庫県の武庫川流域委員会の委員長として4年間取り
        組んできた経験を踏まえて、「分権時代の川づくり―二級河川・武庫川
        でめざしたもの」を執筆しています。
         徳島の吉野川をはじめ、全国各地の川づくりの現場から13本の報告
        と問題提起が盛り込まれています。
        ロシナンテ社編、アットワークス発行。4月10日刊。本文203頁。
        本体定価1500円。
        ロシナンテ社 〒605-0974 京都市東山区泉涌寺五葉ノ辻町28
        TEL & FAX 075-533-7062 E-mail : musub@big.or.jp
         http://www9.big.or.jp/~musub/

・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−

_/_/_/ 発行: 市民まちづくり研究所 / 松本誠 MATSUMOTO,Makoto
        http://matsumoto2008.com
        e-mail:makoto@matsumoto2008.com
        e-mail:matsumoto-mk@nifty.com
        ※ご意見・ご感想をお寄せください。
        ※このメールマガジンのバックナンバーは上記のHPにアップしています。
        ※転送・引用・その他の活用を歓迎します。
         活用に際しては発行者の著作であることがわかるようにしてください。
                                      _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

← 第7号 | ▲上へ | → 第9号  《発行一覧》

最終更新時間:2008年07月28日 13時03分28秒