トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

mm007


← 第6号 | このページ | → 第8号  《発行一覧》

第7号 2008.5.12 まこと流まちづくりの地平

                     _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
                   _/_/ まこと流まちづくりの地平 _/_/
                 _/_/_/ 第007号_/_/ 2008/05/12 _/_/

_/_/_/ 呑兵衛逍遙
               高齢者への「食事サービス」の志は何なのか?
                 NPO5年間の実績と明石市の事業の後退

         明石市と神戸市にまたがる明舞団地(明石・舞子)の中央(明舞)セ
        ンターの空き店舗を利用した、高齢者への食事サービス事業「ふれあい
        食事処 明舞ひまわり」がスタートして4年半が経過した。高齢者の食
        事改善をライフワークとしてきた元・兵庫女子短期大学教授の入江一惠
        さんをリーダーとして2003年10月に設立された「NPOひまわり
        会」が運営、40〜50人の男女ボランティアが朝8時過ぎから夜7時
        過ぎまで調理や弁当の配達に汗を流している。

         当初は1日30食程度の昼の定食を提供していたが、ニーズが増える
        にしたがって次第に規模が拡大し、今では食堂で提供する昼の定食30
        食程度のほか、昼と夜のお弁当を各30食程度配達し、週4日連日10
        0食程度を供給する事業に育っている。私も創立当初からの非常勤理事
        として、財務と渉外、広報などを担当している。

        _/_/ 多様な機能果たす、「食」をとおした福祉コミュニティーづくり

         「明舞ひまわり」のモットーは、「食」をとおした福祉コミュニティー
        づくり。旬の食材をたっぷり使った、なつかしい家庭の味。安心・美味
        ・栄養の三拍子そろった、からだにやさしい食事。生産者と調理する人、
        食べる人が互いに心かよいあう協働の場。「食」をとおして、海の幸・
        山の幸、農業や漁業、環境や自然、暮らしのありようを考え、子や孫に
        食の楽しさ、食のいのちを伝える。

         そんな志を持った食堂に、人びとが集まらないわけがない。昼の定食
        は早々と売り切れ、配食の申し込みもニーズに対応できないほどの増え
        方。食事サービスだけでなく、関西でも有数の高齢・成熟団地のコミュ
        ニティーづくりにひと役買っている。商業施設や集会施設を活用した餅
        つき大会、クリスマスなどの季節のコンサート、独居高齢男性の食の自
        立をサポートする料理教室、暮らしと健康を考える講座の開催など、商
        店会や自治会などと連携したイベントにも、NPOの持ち味を発揮し住
        民から頼りにされている。食堂に食べに来ることが困難な事情のある人
        を対象にした配食サービスでは、安否確認の機能を果たすだけでなく、
        食事の提供活動を通じて対象者個々の健康状態のチェックの役割も果た
        している。

        _/_/ お粗末な市の食事サービス事業、さらに後退へ

         そんな活動で忙しい日々を送っている入江一惠さんは最近、78歳の
        怒りがこみ上げている。明舞ひまわりは、地元の神戸市や明石市から高
        齢者の食事サービスについて助成金をもらっていないが、明石市の高齢
        者への配食サービスが大きく後退しようとしているからだ。

         明石市の高齢者食事サービス事業は、中学校区ごとに月2回の給食サー
        ビスを市の社会福祉協議会を通じて行っている。1回は、市の保健セン
        ターや地域のコミセンで調理した弁当を各校区のボランティアが70歳
        以上の一人暮らしや虚弱高齢者の一部を対象に戸別配達している。もう
        1回は給食弁当事業者に調理を委託し、各地域のボランティアが配達し
        ている。

         月2回では、とても食事サービスとはいえないうえに、一般の給食弁
        当業者まかせでは、高齢者の栄養改善には寄与しないという批判がある
        が、明石市は「食事サービスは引きこもり予防が目的で、栄養改善は事
        業の目的とはしていない」という。

         こうした問題点は、昨年の市議会でも取り上げられ、抜本的な改善を
        求める意見もあったが、市は逆に今年から配食事業をさらに後退させる
        方針を打ち出している。4月に民生委員やボランティアを集めた会合で
        は、調理施設の老朽化で食品衛生上の心配もあることや、ボランティア
        の高齢化で戸別配達の人手を確保するのが難しくなっていることなどを
        理由に、市の食事サービスは「会食」だけに絞るという。コンビニなど
        が普及し弁当の必要な人は入手可能な時代になっていることや、個人宅
        への配達は引きこもり防止の役に立たないことなども挙げられている。

         これに対してボランティアなどからは、コンビニ弁当で虚弱高齢者が
        いのちをつなげられるのかという疑問や、ボランティアなど地域の住民
        の努力を信用していないという不満も聞かれた。入江さんは「虚弱高齢
        者の食事がコンビニ弁当で事足りるという現状認識に我慢がならない。
        食事サービスを必要とする高齢者の実態は、そんな生やさしいものでは
        ない」と憤る。

        _/_/ 市民の先駆的な活動に学ぼう

         高齢者の食事サービスは、介護予防の観点からも「バランスのとれた
        食事と適度な運動」が不可欠で、在宅独居、寝たきり高齢者、高齢夫婦、
        食事を通じた健康改善の必要な虚弱高齢者などへの栄養改善と、配食サー
        ビスを通じた安否確認が求められている。そのためには、地域の住民や
        行政、専門機関が協力しての体制づくりが不可欠だ。

         昨年夏、明石まちづくり市民塾が開催した「福祉のまちづくりを考え
        る」連続講座で、大阪府下の食事サービス先進都市のNPOのリーダー
        は「明石市の食事サービスは25年遅れている」と評価し、話題になっ
        た。市民が地域社会の担い手として食事サービスの理想を追求し、継続
        的な活動がお膝元で実績を挙げているのに学ぼうとしないことに、より
        深刻な状況を読み取れる。

         住民主体のまちづくりは、市民の多様な先駆的な活動に行政が学び、
        取り入れ、制度化していくことに醍醐味がある。そうした活動を積極的
        に知ろうとしない行政があるとしたら、論外である。

         ※ ふれあい食事処 明舞ひまわり http://npohimawari.com/

・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−

_/_/_/ 明石まちづくり小史 <7>
                  === まちの緑を壊す力と、育む努力 ===
             山のない明石にも身近なグリーンゾーンがいっぱい

         サクラが散ったら、あっという間に新緑の季節になり、みずみずしい
        新芽の若葉がまちを覆う。5月のゴールデンウイークがすむと、まちの
        緑はひときわ鮮やかになり、明石駅へ向かう通いなれた道を歩くのが楽
        しくなる。

         ところが、連休明けの朝、いつもの住宅街の小道でチェーンソーの甲
        高い音とともに見慣れた大木が伐採されているのに出くわし、とたんに
        暗い気持ちになってしまった。明石のまちの自慢のスポットである「時
        の道」にある明石神社境内を覆っていた木々が丸裸にされていたのだ。
        この1月早々に、古い神社の建物もほとんど解体撤去され、神社の社殿
        再建費用を生み出すために境内の敷地を売却するという話は聞いてはい
        たが、鎮守の杜(森)が丸裸にされるとは思わなかった。

                                   ◇

         時の道は、明石のシンボルである明石公園のお城と子午線の時計塔が
        ある天文科学館を結ぶ約2キロの散歩道。明石神社は、明石公園から東
        へ出て間もなくの高台にあり、明石海峡を望めるポイントである。

         住宅に囲まれたつつましいこの神社は、もとは明石城主になった越前
        松平直明らの霊を明石城内に祀ったのが起源で、明治の廃藩に伴い一般
        参拝する明石神社と称していた。その後、明石城址の御料地編入を経て
        大正7年に県立明石公園となるとともに現在地に移転した。神職が常駐
        しない無住の神社で氏子もいないことから、改築されることもなくひっ
        そりとたたずんでいたが、維持費を捻出するためにかつても境内地の一
        部が住宅地に売却されるなどしてきた。

         この神社には由緒の深い古ぼけた大太鼓があった。明石城築城以来、
        正門近くの太鼓門に据えられて城下に時刻を知らせてきた「刻打ち太鼓」
        である。明石市の文化財に指定されていたが、1月の社殿解体時に再建
        まで別の神社で保管されている。

                                   ◇

         神社の由緒はともかく、この神社の境内では、私も子どものころ、学
        校の行き帰りによく遊んだ。緑深い木々と海峡を眼下に見下ろせる景勝
        地は、「明石っ子」であることを誇りに思った。

         神社仏閣のこうした鎮守の杜は明石市内にもたくさんある。私が明石
        で記者活動をしていたちょうど20年前、神戸新聞明石版で「街に緑を…
        明石のグリーンゾーン」という連載記事を20回にわたって掲載した
        (1988年8月30日〜10月5日)。東西に細長く山や丘陵地の少
        ない明石では、市が植樹に力を入れる一方、丘陵地の雑木林や川や池に
        沿って茂る樹林、土手の緑、鎮守の杜などの自然の緑地保全にはほとん
        ど手が打たれていない状況に危機感を感じたからだ。連載はそうしたま
        ち角の緑を訪ね歩いて、地域の人びとと緑のかかわり、危機に瀕するグ
        リーンゾーンに警鐘を鳴らした。

         連載取材であらためて感じたのは、乱開発が進むまちにも意外と豊か
        な緑があちこちに点在していることだった。まちにある既存の緑はそれ
        ぞれ歴史を持ち、地域の人びとの暮らしと深い結びつきをもって息づい
        てきた。公園や街路樹に巨額の税金をかけて緑を増やす努力をするより
        も、住宅街の生垣や庭木も含めて既存のまちの緑を大切にし、広げてい
        く努力をすることの方が大切であり、緑のストックを増やすことになる。

         ところが、行政はこうした緑の保全に力を注ぐよりも、予算を計上し
        て公共空間に緑を創造しようとしがちだ。公共空間に新たにつくり出し
        た緑は、その維持管理にまた膨大な予算をつぎ込むことになる。

                                   ◇

         前記の連載にも取り上げたが、明石市役所一帯にある中崎緑地は、か
        つては白砂青松の中崎海岸に面した海浜緑地だった。その海を埋め立て
        て、明石外港を建設し、埋立地の売却に失敗した土地に市役所や市民会
        館、小学校、マンションなどが立ち並んだ。それらの背後地になってし
        まった中崎緑地もかろうじてかつての面影を残す建物と一緒に緑濃い緑
        地を形成してきたが、ここ10数年ほどの間に緑地に南面した昔ながら
        の建物が高層マンションへと次々に建て替えられていった。

         建築規制上はとめようがなかったということだが、美しい街並みは明
        確なまちづくりのビジョンを持ち、まちのストックを壊すような“私権”
        の制限を大胆に行っていかない限り創出できない。

         海峡公園都市のなけなしのグリーンゾーンが、マンションやコンクリー
        ト建物に遮られていく様子を見るにつけ、都市景観行政や緑の保全行政
        の無策を感じるのは私だけだろうか?

        ※写真(「時の道」にある明石神社境内の剥ぎ取られた鎮守の杜
                       =2008年5月11日撮影)を添付しました。

・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−

_/_/_/ まちづくり異聞(イベント案内、その他)

        _/_/ いよいよスタート、住民自治の仕組みを考える連続講座
                  5月25日から、明石まちづくり市民塾
             _/ 第1回 5月25日(日)午後1時30分〜4時30分
                http://jichi-akashi.com/shimin-juk.html
                明石市生涯学習センター8階 学習室2
               「住民自治とは何か?」
                講師:富野暉一郎さん(龍谷大学法学部教授、元逗子市長)
                第2次分権改革で「地方政府」をめざすうえで「住民自治」と
                は何か。これまでの市政とどこが、どう違うのか。住民自治の
                確立に求められる要件とは何かを学ぶ。

        _/_/ 明石まちづくり活動交流会 (明石まちづくり市民塾主催)
             7月6日(日)午後1時30分〜4時30分
             明石市民ホール(明石駅前の「らぽす」5階)
             明石市内の校区連合自治会等が各地で取り組んでいる先駆的な
             「地域まちづくり活動」の報告を聞き、情報を共有するとともに、
             住民主体のまちづくりを担う地域自治組織のあり方などの課題を
             さぐる。

        _/_/ まちかど寄席「西明石浪漫笑」200回記念公演
            「鶴瓶・梅団治二人会」
             6月8日(日)午後2時〜4時
             明石市民ホール(明石駅前「らぽす」5階)
             参加券 2000円
             申し込み、問い合わせ先:HANAZONO(西明石)
                                  電話078−928−2719

        _/_/ 執筆本の紹介「川辺の民主主義」

         河川とダム行政から民主主義のあり方を問う本が出版されました。
         昨年8月に徳島で開かれた「川を流域住民が取りもどすための全国シ
        ンポジウム」を契機に、全国で川づくりやダム問題に取り組んでいる人
        たちが連携して書いた本です。
         私、松本誠も、兵庫県の武庫川流域委員会の委員長として4年間取り
        組んできた経験を踏まえて、「分権時代の川づくり―二級河川・武庫川
        でめざしたもの」を執筆しています。
         徳島の吉野川をはじめ、全国各地の川づくりの現場から13本の報告
        と問題提起が盛り込まれています。
        <ロシナンテ社編、アットワークス発行。2008年4月10日刊。本文203頁。
        定価1575円>
        ロシナンテ社 〒605-0974 京都市東山区泉涌寺五葉ノ辻町28
        TEL & FAX 075-533-7062 E-mail : musub@big.or.jp

・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−

_/_/_/ 発行: 市民まちづくり研究所 / 松本誠 MATSUMOTO,Makoto
        http://matsumoto2008.com
        e-mail:makoto@matsumoto2008.com
        e-mail:matsumoto-mk@nifty.com
        ※ご意見・ご感想をお寄せください。
        ※このメールマガジンのバックナンバーは上記のHPにアップしています。
        ※転送・引用・その他の活用を歓迎します。
         活用に際しては発行者の著作であることがわかるようにしてください。
                                      _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

クリックすると写真が大きくなります
「時の道」にある明石神社境内の剥ぎ取られた鎮守の杜 (写真をクリックすると大きくなります)
← 第6号 | ▲上へ | → 第8号  《発行一覧》

最終更新時間:2008年06月13日 22時51分25秒