トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

mm005


← 第4号 | このページ | → 第6号  《発行一覧》

第5号 2008.3.31 まこと流まちづくりの地平

                     _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
                   _/_/ まこと流まちづくりの地平 _/_/
                 _/_/_/ 第005号_/_/ 2008/03/31 _/_/

                     松本誠のメールマガジン  第5号

_/_/_/ 呑兵衛逍遙
               首長や政治家の「リーダーシップ」の履き違え
             民意不在の暴走と、市民主体の行政(政治)の狭間

         リーダーシップのない“名誉職”的な首長や政治家はもはやお呼びで
        はないことは浸透してきたものの、今度は変なリーダーシップを発揮し
        て行政を混乱に陥れたり、政治の方向を誤る輩の横行が目立つようになっ
        た。「リーダーシップのないリーダー」にうんざりしていた庶民が、こ
        れに喝采を送ることも少なくないから、世の中は一層混迷を深めること
        になる。

        _/_/ 首長トップダウンの予算が全会一致で修正削除

         明石市の3月予算市議会で、市立商業高校にスポーツ科を新設する予
        算案が提案されたことに対して、「準備や体制が不十分なまま開設を急
        げば混乱が生じ、生徒や進学する中学校関係者にも迷惑をかける。20
        09年度の開設は時期尚早」と市議会が反対し、関連予算を削除した修
        正予算案を全会一致で可決した。同市議会は最近、市長提案をきわどい
        票差で否決する寸前の状態が頻発しているが、全会一致で市長提案を退
        けたのは初めてである。

         この案件は、肝心の学校現場からも開設は2010年度以降に延ばす
        ように求める要望書が出る中で、トップダウンで押し切ろうとした。な
        ぜ、そのような無理押しをしようとしたのかは定かではないが、最近の
        同市では、JR新駅設置や子ども図書館の新設、中心商店街の活性化策
        など、関係市民との調整はおろか庁内での調整もそこそこに“トップダ
        ウン”で施策を公表し強引にすすめるケースが少なくない。施策そのも
        のは必ずしも間違っていないものもあるが、「住民主体のまちづくり」
        を標榜しながら、進め方では計画策定段階に市民が介在しないだけでな
        く、プロセスが明らかにされないケースが少なくない。

        _/_/ 各地で、合意形成のプロセス軽視の風潮

         こうした傾向は明石市に限らず、最近では大阪府の若手新知事のトッ
        プダウン施策が注目されているほか、「やり手」といわれる首長にそう
        した傾向が散見される。いずれも共通しているのは、「市民受けするい
        い施策なら、首長のリーダーシップで進めるのに文句はないはずだ」と
        いう思い込みだろう。マスコミ受けする思惑も透けて見える。

         そうした典型例は、国政の場で小泉純一郎首相が縦横に発揮し、退陣
        してすでに二人目の首相の時代になっても、そのリーダーシップへの期
        待がささやかれている。

         国政、自治体を問わず、そうした政治家に共通しているのは「市民主
        体」という今日の民主主義原理を軽視していることだろう。いくらいい
        施策でも、市民や関係者の合意形成のプロセスを無視して、トップダウ
        ン的に進めるのは“強権発動”にすぎない。民主主義というのは本来、
        手間ひまがかかるもので、時間をかけて熟成させるところに妙味がある。
        「市民主体」や「参画と協働」という理念が大きく掲げられる時代にあっ
        ては、なおさらである。

         自治体の首長というのは、たくさんの職員を動かし、縦割りの仕事の
        枠組みに閉じこもりがちな職員の発想を総合的な視点から調整し、市民
        の意見を間違いなく反映させていく仕組みをつくりながら、議会とも情
        報を共有しながら議論していく役割を担う。ある意味では、多様な考え
        方を吸収し、自らの信念を注入しながら合意形成を図っていく「コーディ
        ネーター」でもある。自治体の規模が大きければ大きいほど、組織を活
        性化して動かし、トップの“情報欠乏症”あるいは“情報偏り症”を回
        避する仕掛けと注意力が求められる。

         意思決定過程のプロセス情報(経過情報)の公開、共有が必要なのは
        そのためでもあろう。

        _/_/ 計画段階から市民と職員が協働して施策をつくる仕組みを

         選挙で選ばれた首長は、その政治理念と主張してきた政策を実行する
        ために全力を投入するのは当然だが、大事なのはその施策を実現してい
        く手法、プロセスだろう。自らが抱く理念や具体案を職員や議会、市民
        に熱っぽく語り、計画段階から市民と職員が協働して参画していくため
        の仕組みをつくり、市民や職員が自ら生み出し、育て上げた施策である
        という自信を持てるように仕向けていくことが最も大事なことではなか
        ろうか。

         明石市はじめ自治体の多くはいま「自治基本条例」の制定に取り組ん
        でいるが、この基本条例づくりの真価は、住民自治を確立していくため
        に、文字通り住民が主体となった政策立案と実行を進めていくための仕
        組みづくりにある。その足元で、参画と協働にもとづく政策づくりのプ
        ロセスをないがしろにした、誤った“トップダウン”が横行するようで
        は、何のための自治基本条例づくりかということになる。

         いや、だからこそ、市民が自らを主権者として自覚した「市民主体の
        行政」を進める枠組みや仕組みを、しっかりとつくっていかねばならな
        いのかもしれない。

・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−

_/_/_/ 明石まちづくり小史 <5>
       === 都心空洞化と明石駅周辺の中心市街地整備 ===

         明石市は2008年度予算の中で「特色ある新規施策」のトップに、
        明石駅周辺の中心市街地の活性化を掲げた。中心市街地のまちづくりの
    方向性やハード、ソフト両面からの活性化策を検討する新たな組織を立
    ち上げるとともに、5年間の基本計画を策定し、都心循環バスの社会実
    験運行や銀座商店街のアーケードの再整備などを行うという。

         駅前の目抜き通りに立地しながら3年前(2005年8月)に閉店し
        たダイエー明石店跡の再開発などを視野に置いたものだが、明石駅前周
        辺の中心市街地整備計画は過去何回も構想が立てられ、消えていった。
        この40年間、大型店の立地環境の変化に翻弄され続けながら「明石の
        顔」のイメージを構想できないまま揺れ動いてきた足どりを、この時点
        で振り返っておくことは大切だろう。

         明石駅前周辺の中心市街地は、戦争末期の度重なる空襲で焼け野原に
        なり、戦後は密集バラック建ての“闇市”から出発した。それも束の間、
        1949年(昭和24)2月の駅前大火で426戸が全焼し、ようやく
        本格的な復興がはじまった。

         復興の基本的な構図は、狭い商店街だった駅前通りの国道2号線以南
        を幅30mの銀座通りとして拡幅整備したほか、鉄筋5階建ての明石商
        工会館(明石デパート、現在のらぽす。5階に旧市民会館、現在は市民
        ホール)を復興のシンボルとして建設した(1951年)。また、国道
        以北の駅前通りに密集していた商店などを収容するために1958年に
        は1階に「あけぼの商店街」を配して2階から上が住宅になった4階建
        てのげたばきアパートを建設した。現在は老朽化しているが、当時は日
        本住宅公団の関西支社ができて最初のげたばき住宅として、先駆的な建
        物でもあった。

         次の変化は1965年(昭和40)前後、大型店時代がはじまる。1
        964年12月には複々線化した国鉄(JR)高架が完成し、ステーショ
        ンデパートが開業。66年にはダイエー明石店が開店した。2年後には
        駅前に後のジャスコ(当時はフタギ)が新築移転し、東仲ノ町で再開発
        計画への取り組みがスタートする。70年には魚の棚の北部を再開発し
        て西武百貨店を誘致するという「矢野構想」(元明石商工会議所会頭の
        矢野松三郎氏)が発表され、引き続き市が銀座東地区(桜町一帯)を高
        層化する再開発プランを打ち出した。

         しかし、こうした大規模開発計画は、1973年の石油ショックと矢
        野氏の死去で立ち消えになったが、70年代後半の都市開発志向の中で、
        74年には再び魚の棚一帯4ヘクタールをビル化する再開発計画を市が
        発表、銀座東地区の第2次再開発プランも76年につくられた。この間
        に戦災復興区画整理事業として延々と続けられてきた駅前交差点以西か
        ら明石川までの国道2号線の拡幅が完成、東仲ノ町の再開発準備組合発
        起人会が結成された。

         だが、80年代に入るとステーションデパートの新館がオープンし、
        山陽電鉄線の高架事業がはじまったほか、80年代後半には郊外への大
        型店出店攻勢が明石駅前の中心商店街を包囲するように進んだ。当時、
        中心商店街は「黒船の来襲」と大慌てになったが、有効な手を打てない
        まま90年代に入ると次々に郊外店がオープンしていった。いわゆる
        「都心空洞化」のはじまりである。

         91年には長い期間をかけた山電高架工事が完成し、95年には国鉄
        高架化以来30年ぶりに駅前広場が完成した。駅内商業施設はさらに増
        強される一方、東仲ノ町の再開発事業が基本構想策定以来30年ぶりに
        完成し、「アスピア明石」が2001年11月オープンした。当初の百
        貨店誘致には失敗したものの、約160戸の分譲マンションと一体化し
        た明石で初の再開発事業で、商業施設とともに中心市街地の重心は国道
        以北へ一層傾斜し、南部の空洞化に拍車をかけた。

         2000年に入ると、今度は大型店の撤退再編が急ピッチですすみ、
        明石駅前だけでなく明石市内の大型店の地殻変動が起きる。ダイエー明
        石店の撤退閉鎖はその締めくくりのような格好になり、明石駅前には百
        貨店誘致が空振りに終わっただけでなく、総合スーパーも姿を消してし
        まった。

         明石駅前の中心市街地のまちづくりは、大型店に振り回された40年
        を経て、振り出しに戻ったかのような感がある。この間打ち上げられた
        数々の大規模開発整備構想は、ことごとく潰えた。いずれも、大型店に
        依存し、クルマ優先、大型ビル建設を志向した大規模開発計画だった。
        大型店に見放されて、あらためて連綿と続いてきた地域商業を核とした、
        明石らしい駅前商業地域への再生策を立てねばならない時期に直面して
        いるといえる。

         明石のまちづくりの財産は、淡路島を望む明石海峡に面した「海峡公
        園、交流都市」とうたいながら、明石駅前にはここ20年ほどで構想ビ
        ルが林立し、ペンシルマンションの乱開発がすすみ、広告塔が乱雑にス
        カイラインをさえぎり、高架の明石駅に降り立った人の目に海峡の景色
        が映らなくなってしまった。明石公園の本丸の高台からも、海峡の景色
        をビルがさえぎってしまった。かつては真正面に海峡と淡路島を望めた
        シンボル道路の駅前通り、銀座通りの先には目隠しになるマンションが
        立ちはだかる。

         新しい中心市街地のまちづくり構想は、こうした反省のうえに立って、
        明石らしい表玄関の品格を再生する計画になるのかどうか。単なるダイ
        エー跡の効率利用だけに終わり、再び“まち壊し”を促進する高層ビル
        や高層マンションの建築だけに終わるのかどうか。いま、明石駅前は重
        要な岐路に立とうとしている。

・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−

_/_/_/ まちづくり異聞(イベント案内、その他)

        _/_/ 第2回神戸市政フォーラム
        4月6日(日)午後2時〜5時  神戸市医師会館市民ホール
        テーマ:市民のくらしと神戸市政―神戸のまちづくりを考える―
        パネリスト:黒田達雄、塩崎賢明、津久井進、宗岡明弘、渡辺直子
        参加費:1000円

                                ▽ ▽ ▽

        _/_/ 住民自治の仕組みを考える連続講座
                      (明石まちづくり市民塾主催)
        第1回 5月25日(日)13:30〜16:30
            明石市生涯学習センター8階 学習室2
            「住民自治とは何か?」
            講師:富野暉一郎さん(龍谷大学法学部教授、元逗子市長)
        第2回 6月22日(日)13:30〜16:30
            明石市生涯学習センター7階 学習室1
            「明石における自治基本条例づくりの課題」
             講師:山下 淳さん
              (同志社大学法学部教授、明石市自治基本条例検討委員会会長)
        第3回 7月20日(日)13:30〜16:30
            明石市生涯学習センター7階 学習室1
            「地域コミュニティーにおける自治組織づくりの試み」
            講師:佐藤三郎さん(西須磨まちづくり懇談会事務局長)
               絹川正明さん
                            (地域共生研究所所長、西神・竹の台自治会長)
        第4回 8月17日(日)13:30〜16:30
            明石市生涯学習センター7階 学習室1
            「参画」「協働」「情報共有」を考える
            講師:中川幾郎さん(帝塚山大学法政策学部教授)
        第5回 9月21日(日)13:30〜16:30
            明石市生涯学習センター7階 学習室1
            「大討論!明石の住民自治をどう進めるか」
            自治会、NPO、検討委員会委員、職員、議員等20名ほどを
            討議メンバーとして、参加者全員が発言できる明石市内の実態
            に即した議論を展開する。円卓会議式の市民フォーラム。
            コーディネーター:松本 誠(市民まちづくり研究所所長)


・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−・・−

_/_/_/ 発行: 市民まちづくり研究所 / 松本誠 MATSUMOTO,Makoto
        http://matsumoto2008.com
        e-mail:makoto@matsumoto2008.com
        e-mail:matsumoto-mk@nifty.com
        ※ご意見・ご感想をお寄せください。
        ※転送・引用・その他の活用を歓迎します。
        活用に際しては発行者の著作であることがわかるようにしてください。
                                      _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

← 第4号 | ▲上へ | → 第6号  《発行一覧》

最終更新時間:2008年04月26日 21時45分49秒