トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

まこと日誌/2007-11-11


半世紀ぶり、悲願の「明石銀座通りの歩行者天国」にがっかり

 今日は「明石市民まつり2007」が好天気に恵まれた中で開催された。
 2001年7月21日の「明石市民夏まつり」の花火大会事件以降「市民まつり」は中断されていたが、2004年8月に会場を明石公園内に移して3年ぶりに再開した。その名も34回にわたって開催してきた「市民夏まつり」から「市民まつり2004」という名称に変更し、従来の呼び物だった花火大会抜きのイベントを重ねてきた。今年は、中心市街地からはずれた明石公園という「街の匂いのしない囲われた空間」での開催に批判や不満が出てきたことから、中心市街地の活性化も視野に置き、会場を駅前中心市街地の銀座通り、観光道路、市役所一帯に7年ぶりに戻した。
 
 再開された「市民まつり」は、事件前の行政主導型から、徐々に民間主導へ移すように努めて、昨年から事務局を民間スタッフが務めるために立ち上げられたNPO法人「明石・まちとまつりプロジェクト」に委託、実施主体は市と同法人で構成する「明石市民まつり実行委員会」だが、運営主体を同法人とし、かつて実行委員会を形式的に構成していた各種団体等は開催協力団体になった。明石市からは3000万円を超える委託費が出されて、今年も市職員を含む500人を超える警備員を配置しての開催になった。

 ところで、今年の開催で注目されたのは、明石駅前のシンボルロードでもある幅30メートルの「銀座通り」を午前10時から午後6時まで車両通行を禁止し、歩行者開放したことだ。7年前までと同じく、銀座通り南詰めから市役所に至る観光道路も同じく歩行者開放し、150軒余りの露店が並んだ。

 銀座通りの歩行者開放は、2,30年前からも地元から要望が出され、私が明石で記者活動をしていた1980年代半ばから5年ぐらいの間にも何とかして実現できないかと地元商店街などと策を練ったが実らなかった。交通規制権限を持つ警察から、バスやタクシーを含めた代替道路がなく、混乱するというのが理由だった。1992年から銀座通りなど商店街一帯で「明石海峡ノミの市」と銘打ったフリーマーケットを毎年5月に開催を始めてからも、地元の切実な要望でもあったが、実現には至らなかった。

 銀座通りを含む駅前通りが現在の30メートル幅の道路に拡幅されたのは半世紀前に遡る。7度の空襲による戦災で焼け野原になった明石駅前一帯は、戦後はバラックが密集し魚の棚を含む商店街一帯はヤミ市と化していた。戦災から間もない1949年(昭和24年)2月20日未明、一帯は駅前大火で再び焼け野原になり、その5月には本格的な復興の象徴として幅30メートルの明石銀座通りが誕生した。2年後に竣工した5階建ての明石商工会館(現在の「らぽす」)には明石デパートが開業し、ともに戦後の復興のシンボルとなった。

 当時はまだ通る車もまばらで、広い車道は小学生になる前後だった私にとっても格好の遊び場でもあった。東京・銀座の向こうを張った柳の並木が通りの風格を高めていたことを鮮明に覚えている。

 この銀座通りは昨年、市の手によって大改造されて、柳の並木が撤去され、車道を右折、左折レーンを整備したり、魚の棚との交差点に信号機付きの横断歩道を新設するなどの大改造を数億円かけて行った。当時、当初は地元商店街との事前の協議や意向調査等を抜きに計画を進めたため、一時ストップし協議の時間は持ったが、シンボル道路を大改造するのに計画段階からの住民参加を欠いていたことに苦言を呈したことがあった。
 改造後の評判は、「巨額の費用をかけて、どこが変わったの?」という声が圧倒的で、そもそも改造のねらいが未だによく分からない。

 いまどきの目抜き商店街の改造を行うとすれば、その目的の第一は、車の進入を極力抑制した歩行者優先の道路にすることである。二つ目は、商店街の買い物環境やアメニティ向上のための沿道整備であろう。銀座通りでいえば、老朽化して薄暗い雰囲気になっているアーケードの撤去または軒高を上げた明るい開放的なアーケード空間に建て替え、緑を増やすことであろう。
 現実の改造は、車道空間はそのままで、アーケード空間も全く触らず、いわば車道の改造と柳並木の緑地の撤去によって、逆にバスストップも含めた車道空間の拡大や車両通行の円滑化をはかる結果になった。

 さて、半世紀を経てはじめて実現した銀座通りの歩行者開放だが、南北200メートルほどの車道の一部にはスーパーカーが展示され、「細工弁天芸能祭(銀座通りエリア)」と題したストリートパフォーマンスが行われていた。12時から4時まで、和太鼓や獅子舞、ロックバンド演奏、ダンスに市長や実行委員長のトークタイムなどのプログラムが12件ほど仕込まれ、路上に立ったままの通行人の塊が取り囲むという感じだった。通り全体としては、ひろびろとした中にポツンと人の塊が見える、寂しい風景だった。

 まつりのステージはほかにも市役所の立体駐車場広場や市役所隣の中崎小学校にも設定されており、実行委員会としては精いっぱいの企画を盛り込んだのだろうが、せっかくの目抜き商店街の歩行者開放が全く生かされていないという印象を受けた。

 現場を見に行く前に半世紀の歩みを振り返りながらわくわくして想像していたのは、車道にはカフェテラスが出て、可動式の植木が持ち込まれた中で、訪れた市民がコーヒなどを楽しみながら通りいっぱいに繰り広げられるパフォーマンスや演奏を楽しみ、アーケード下の歩道や車道の一部にはフリーマーケットがにぎわっているという光景だった。

 残念ながら、期待とは大違いで、カフェテラスも飲食物を販売するショップもなく、市民が参加するフリーマーケットも見当たらなかった。アーケードの下の歩道も、普段よりは人通りが多いが、普段と変わらぬ風景で、商店街もとくに協賛して取り組んでいるようには見えなかった。

 銀座通りはじまって以来の歩行者開放へ向けて、どのような議論や取り組みがあったのかは承知していないが、目抜き商店街の初めての歩行者開放に商店街が特別にかかわっていなかったことは容易に想像できた。商店街やまつりのイベントに、商店街がかかわらず、市役所や行政と連携したNPO主導のイベントを改革しても、せかっくの歩行者開放の成果が生まれず、将来への布石としての“前向きの実験”にはならない。せっかく歩行者開放への努力が実ったのだが、その喜びと価値を地元の人たちが感じられないのでは、次へのステップにつながらないのではないかと危惧する。

 住民参加、市民参画のまちづくりの大事さと落とし穴を、見せつけられたような光景だった。

最終更新時間:2008年01月06日 21時52分53秒